• 収入に見合った生活を送ろう

    キャッシングを開始し始めた理由は人それぞれだと思います。急な冠婚葬祭があったため、付き合いのために、デートのため、欲しい物が買いたかった、生活費が足りなくなった、ギャンブルでお金がなくなってしまった、など、キャッシングを開始する人の理由は様々です。キャッシングを借り入れした当初は、すぐに返せると思い、借り入れをする人が多い事でしょう。大抵の人は初めての借り入れの時には必ず翌月までに返済する傾向です。ですが、借り入れをする事が当たり前の生活となってしまうと、今月返済した分で生活費が足りなくなってしまい、新たに借り入れをするという事になってしまいます。生活が苦しくなったら借り入れをすればいいという気持ちに変わってしまうと、借り入れ額は増えるばかりで、更に返済のために生活費は苦しくなります。キャッシングには借り入れ限度額がありますが、借り入れ限度額まで借り入れをすると良い事があるわけではありません。借り入れ限度額まで借り入れをしてしまったらその後の返済が困難になるだけです。返済を繰り返してしまう人の場合、毎月の収支を書き出してみましょう。家計簿をつけてみるのも良いでしょう。紙に表す事で、自分が無駄に使っている部分がわかりますから、節約できる項目も見えてきます。完済をしたいと考えているのであれば、見栄は捨ててください。プライドは返済の邪魔になるだけです。借り入れをしないで生活をしていくためには、できるだけ節約をし、少しでも早い完済を目標とし、収入に見合った生活を送ることが大切なのです。

    キャッシングをすることで、一時はお金に余裕ができたと感じることと思いますが、返済日が近くなると、確実にお金の事を考えなければいけなくなってしまいます。翌月の給料で返済ができるような額であれば良いのですが、借り入れ額が多くなればなるほど、返済日には敏感になることでしょう。これ以上借り入れをしたくないけれど、返済するお金がない、そう思い返済を滞納する人もいます。返済が遅れると、遅れた分に更に金利が発生し、返済額は増えてしまいます。金融機関からは、自宅や会社に何度も電話がかかってくることになります。居留守を使ったとしても、何度も電話がかかってきますので、必ず電話に出るようにしましょう。電話でいつまでに返済ができると約束ができ、その日に返済ができれば良いのですが、その期日までに返済ができない場合、督促状が自宅に届くことになります。その督促日時までにも支払いができない場合には、全額一括返済を求められます。月々の支払いができない人が全額返済できるわけもなく、次には、差し押さえとなります。給料の差し押さえが一般的と言われており、毎月4分の1ずつ返済が続くことになります。そこまでの事態になってしまうと、家族だけではなく、会社にもばれてしまいますし、個人信用情報にも差し押さえになっていることが載ってしまいますから、今後新たな借り入れやローンを組むことは困難になります。社会的信用は全くなくなってしまいますからそこまでの事態に陥らないようにしましょう。